ヴィコ・マジストレッティ

4件中 / 1-4件表示
     
     

ヴィコ・マジストレッティのご紹介

1920年にイタリアで生まれたヴィコ・マジストレッティはミラノを中心に活躍した家具デザイナーです。大学で建築を学んだ後、父親のデザイン事務所で働きます。建築家としての活動の他、都市計画や工業デザインの分野でも活躍したことで有名です。

マジストレッティが1973年にデザインした代表作「マラルンガソファ」の特徴はフレキシブルに変形する背もたれにあります。無段階に可動する背もたれと、日本の座布団にインスピレーションを得たという座面が、家具に精通した人々からも絶賛されています。リプロダクトされたものにはこの背もたれが段階式になっているものもありますが、こちらで取扱いの商品はフレキシブルバーを採用しており、オリジナルに近い形でおくつろぎいただけるようになっております。張地をレザーにするかファブリックにするかでも雰囲気が変わります。最高のすわり心地と評されるソファはリビングの主役になること間違いなしです。