ミケーレ・デ・ルッキ

1件中 / 1-1件表示
     
     

ミケーレ・デ・ルッキのご紹介

1957年イタリアで生まれたミケーレ・デ・ルッキはインテリアだけでなく、建築、グラフィックデザインなども手掛ける多彩なデザイナーとして国際的に活動していることで有名です。インテリアデザインなども手掛けていますが、照明のデザインも多く手掛けていて、代表作に「フロアライト」や「アルテミデ」があります。

1983年にデザインされた「トロメオテーブルランプ」は、アーム部分にはワイヤーが使われていて、ワイヤーの張力を使ってアームを支えています。角度が自由に変えられるので、照らしたい部分をピンポイントで照らしたり、壁などに光を当てて間接照明として使用したりと使い方は自由自在です。ボディには艶消しのアルミニウムが採用されており、スタイリッシュなデザイン性との融合も楽しめます。デザインされてから30年以上経った今も新鮮で、色あせることのない洗練されたこちらのランプはリプロダクトされて今も多くの方に愛用されています。