ル・コルビジェ

21件中 / 1-15件表示
  • 1
  • 2
  • 1
  • 2

ル・コルビジェのご紹介

ル・コルビュジェはフランスで活躍した建築家として有名です。

彼が建築に抱いていた概念である「水平・垂直・直角・回転」をそのまま椅子のデザインに生かしたものが「LC1スリングチェア」です。もたれる角度によって背もたれが動く構造、肘掛はPVCの弾力でほどよく体にフィットしてくれます。ステンレスフレームとPVC、もしくはポニースキンの張地を採用し、直線的なデザインですが、建築理念をふんだんに盛り込んだ使い勝手の良いチェアです。こちらのスリングチェアは彼の代表作のひとつです。

「LC10センターテーブル」は強化ガラスの天板とステンレススチールの脚の組み合わせで、デザインも至ってシンプルですが、テーブル自体が主張しない分、合わせる家具を引き立たせるという役割を担います。あらゆる空間にマッチする、優秀なテーブルと言えるでしょう。こちらも幅70cm、120cm、140cmのサイズ違いでご用意がございますので、お部屋の広さや用途、合わせる椅子などを考慮して選ぶ事ができます。