ジャン・リソム

3件中 / 1-3件表示
     
     

ジャン・リソムのご紹介

1916年にデンマークのコペンハーゲンで生まれた家具デザイナーのジャン・ソリムはハンス・ウェグナーやボーエ・モーエンセンなどと共に活躍しました。1939年にはアメリカに移り、活動の拠点もデンマークからアメリカに移します。

ジャン・ソリムの代表作といえば1941年にデザインされ、一躍脚光をあびた「ソリム・ラウンジチェア」ではないでしょうか。木製のフレームにファブリックバンドを巻きつけただけのデザインは斬新ですが、シンプルな造りながら木製フレームの適度なカーブやファブリックバンドのしなりが体にフィットし、快適な座り心地になっています。また、同シリーズの「ソリム・オットマン」とセットで使う事でさらにゆったりとリラックスして使うことができます。木材にホワイトとブラックのファブリックバンドを合わせたデザインは、合わせるインテリアを選ばずモダンな空間を演出してくれます。「ソリムサイドチェア」もラウンジチェアと比較するとコンパクトなつくりですが、快適な座り心地はそのままに、軽くて使い勝手の良いチェアとして現在もリプロダクトされて愛され続けています。