フィン・ユール

8件中 / 1-8件表示
     
     

フィン・ユールのご紹介

1912年、デンマーク出身のフィン・ユールは元々建築家で、当時のデンマークの家具業界では彼の斬新なデザインは認められておらず、むしろ反発の対象になることも多かったようです。しかし、アメリカで彼のデザインが認められるようになると、デンマーク国内でも彼のデザインが認められるようになっていきます。

フィン・ユールの代表作である「No.45イージーチェア」は「世界で最も美しいアームを持つチェア」と言われているほどアームの曲線が美しいのが特徴です。どの角度から見ても曲線の美しさが光るこのチェアは彼のデザインの特徴である彫刻的な美しさが際立つ作品になっています。フレーム部分に木材が使われており、木目の美しさが際立っているのも特徴的です。

また、「No133イージーチェア」は大量生産を目的にデザインされた椅子ですが、こちらもシンプルなデザインながら肘掛部分のゆるやかなカーブがどこか温かみを感じられるデザインになっています。